トップページへ戻る 教育だより一覧のページへ戻る

教育委員会だより 平成17年7月14日
(第46号)
教育委員会のホームページ
http://www.kodaira.ed.jp/
編集発行 小平市教育委員会庶務課 〒187-8701 小平市小川町2-1333 TEL 042-346-9568
 
 夏休みの過ごし方

  一学期の終わりも間近に迫り、
 もうじき夏休みです。夏休みは、
 子どもたちにとって、じっくり
 と時間をかけて学習に取り組ん
 だり、スポーツに取り組んだり
 できる貴重な機会である反面、
 生活時間に乱れが出てしまった
 り、問題行動に巻き込まれたり
 することも少なくない時期です。
 市内の各小・中学校においても、
 夏休みを迎えるにあたり、指導
 を進めてまいります。同時に、
 各家庭や地域におきましても、
 子どもたちを温かく見守り、心
 身共に健康で安全に、充実した
 夏休みを過ごせるよう、下記の
 ような点についてご注意くださ
 いますようお願いします。 


 
  
   
    東部公園プール






1 健全で充実した夏休みを
 送るために


 @ 子どもが巻き込まれる
  事件が増加しています。
  大人の話、読書等から、
  子どもたちが自分の生き方
  や、自他の生命の大切さ等
  について考える機会を設け
  てください。
 A 夏休み中は、子どもたち
  が家族と共に過ごす時間を
  とりやすい時期です。親子
  がともに楽しんだり、体を
  動かしたりする場や、地域
  社会で『子育て』について
  考えあう機会としていただ
  けると良いかと思います。
 B 夏休み中は、海や山等に
  出かけ、思わぬ事故に巻き
  込まれることもあります。
  日頃から安全について十分
  注意をするよう、各家庭に
  おいてもご指導ください。

2 問題行動の防止について

 @ 子どもたちだけで盛り場
  や人気のない所に行かない、
  出かけるときは誰と、どこ
  に行く、何時までに帰宅す
  る等を必ず家の人に伝える
  等の、外出のルールの確認
  をしてください。
 A インターネットや携帯電
  話を使うときのルール(い
  わゆる「出会い系サイト」
  等にかかわらない、ホーム



  ページやメールでの誹謗・
  中傷を行わない)の確認を
  してください。
 B 不審者等に出会ってしま
  ったときの対応について、
  家族で確認してください。
 C 万引き、喫煙、飲酒、暴
  力行為、性にかかわる問題
  行動等を防止するため、関
  係法規を遵守し、社会の一
  員として責任ある行動がと
  れるようお話ししてくださ
  い。

3 交通事故防止の指導につい
 て


 @ 二人乗り、無灯火、道路
  を広がって走る等、自転車
  に乗る際のルールやマナー
  の指導の確認、徹底をして
  ください。
 A バイク等の無免許運転が
  違法行為であると共に、自
  他の生命にかかわる危険な
  行為であることを指導・確
  認してください。

4 その他事故防止の徹底につ
 いて


 @ 夏期水泳指導、部活動の
  練習等に参加するときは、
  子どもの体調、気象条件等
  にも十分考慮したうえで参
  加させてください。





 市内の犯罪情報を
 メール配信


□◆小平警察署
    メールニュース

 小平警察署では、市民の防犯
意識を高め、市民の自主的な防
犯活動がより効果的なものとな
るよう、警察の犯罪情報や地域
安全情報を「小平警察署メール
ニュース」で提供しています。
 これは、小平警察署にメール
アドレスを登録した方に、不審
者による子どもへの声かけやひ
ったくり、空き巣などの発生状
況に関する情報などを電子メー
ルで配信するものです。申込み
は、随時受け付けていますので、
ぜひご利用ください。


問合せ 小平警察署
        生活安全課
 042(343)0110
      内線2600






   




 
公園での花火は
       禁止です

  公園では、騒音・火災を防止
 するため、許可なく 花火をす
 ることは禁止されています。
 手持ち花火もできません。ご家
 庭において、子どもたちへのご
 指導をお願いします。



  





地域教育サポート・
     ネット事業


  平成14年度から16年度ま
 での3年間、東京都の補助を受
 けて小平二中地区の4校(六小、
 十三小、十五小、二中)をモデ
 ル校として、実施してきました。
  この間、学校支援ボランティ
 ア養成講座を38回、講演会4回、
 また、地域と学校を結ぶ役割を






果たすコーディネーター養成の
ための講座を3回、そして、広
く学校の理解を得るための教員
研修を1回行いましたが、その
結果として約7百人のボランテ
ィア参加と、約30人のコーディ
ネーターの登録がありました。
 図書館ボランティアによる学
校図書館の改修や児童への読み
聞かせなどでの学校図書館の充
実。あるいは、学習支援ボラン
ティアによる放課後学習で、生
徒の学習意欲や基礎学力が向上
するなどの具体的な成果が現れ、
地域社会の持つ教育力や地域住
民が有する社会資源を、効果的
に学校教育に導入していくうえ
で、有効な仕組みであることが
実証されました。
 東京都の補助が終了した平成
17年度以降も、小平市単独の
事業として、現4校の充実と市
全域への拡大を目指し、市内全
小・中学校の実態を調査・把握
しながら「小平地域教育サポー
ト・ネット事業」を展開してい
きます。
 この教育目標を達成するため
に、四つの「基本的な考え方」
を挙げ、教育施策を推進するこ
ととしています。


  


 
地域力と共に
(地域の力を総合的な学習に)
 

  小平二中コーディネーター
        布  昭 子


 H16年度から、小平二中に
おいて「共に生きる」というテ
ーマのもと地域の特色を生かし
た総合的な学習を二中コーディ
ネート部会が学校と連携して取
り組んでいます。特に2年生で
は、約6ヶ月間という長期にわ
たって地域の方々のご協力をい
ただいています。取り組むにあ
たって子どもたちの希望を取り
入れ、大きく5つのグループに
分けました。


○「ボランティア体験グループ」

 学校近くの福祉施設を中心に
活動。各施設に関わってくださ
っているボランティアサークル
の方々から、絵手紙・折紙・点
字・車いす高齢者疑似体験など
を教えていただきました。




   
   


○「保育体験グループ」

 市内の幼稚園・保育園を中心
に活動。市内の大学・健康セン
ター・NPO法人に関わってい
ただき、絵本の読み聞かせや言
葉の持つ力・栄養・赤ちゃんの
基本的な接し方等を学びました。


○「園芸体験グループ」
 2年連続して専門学校と保護
者の方の農園のご協力をいただ
き、花や野菜を作り育てる楽し
さと生命の強さを実感しました。

  


○「職場体験グループ」
 地元商店街を始めとする大手
スーパー・企業の絶大なご協力
をいただき、「接客講座」「流
通講座」で、社会人として必要
な基本中の基本を体験し教えて
いただきました。


○「地域環境グループ」
 企業の出前授業やシルバー世
代の方々のご協力でエネルギー
と環境に関する体験と学習を交



互に行っています。他にも消防
署や警察署のご協力をいただき
ました。コーディネートするに
際して特に大変だった点は、

@約220名の子どもたちを長
期にわたって受け入れてくれる
ところを開拓すること。

A子どもたちがスムーズに体験
できるように、地域と学校の事
前打合せを充実させること。そ
のために、何度も学年の先生方
と話し合う時間と機会を確保し
たこと。

B総合的な時間が毎回無事故で、
子どもたち、先生方、地域の方
々が充実できるよう、保護者や
ボランティアの皆さんと協力し
あって進めることです。


 「自分の生活の中に相手の立
場に立つという日頃気づかない
視点が増えた」「両親の働く厳
しさや子育ての大変さが少し感
じられるようになった」「体験
での失敗を次に生かしたい」と
の子どもたちの声。「教室だけ
の授業からちがった視点の取組
は、楽しく学べる」との先生方
の声。映像のみの体験から、直
に五感を使って社会に参加・体
験し感じることの素晴らしさを
日々実感しています。本当に多
くの地域の方々の深い愛情と真
心の笑顔に支えられて、様々な
体験をさせていただけることに
心から感謝の思いです。本当に
ありがとうございます。



 
 音楽鑑賞教室
          
指導課


  平成17年度の音楽鑑賞教室
 は「学校法人 国立音楽大学」
 のご協力を得て、小平市民文化
 会館ルネこだいらで行われまし
 た。5月12日(木)に中学校
 が、5月13日(金)に小学校
 が、鑑賞しました。

  以下に、感想文を紹介します。
        (敬称略)



   



   花小金井小学校 6年
        庄司 健太郎

  ぼくにとって、初めての、オ
 ーケストラによる、演奏会。と
 てもすばらしい音楽でした。指
 揮者の堀さん、笑いもあってと
 てもおもしろかったです。




最初の「白鳥の湖」や「ハンガ
リー舞曲第一番、第五番」など、
有名な曲をいっぱい演奏してく
れました。CDで聞くよりも、
心にひびきました。歌っていた
人もとても、きれいな声でした。
この中でも、一番心に残ったの
は、最後の曲でした。名前は忘
れてしまったけれどいろいろな
楽器があって、心がうかれてき
ました。日本で作られたいろい
ろな楽器がありました。そして、
この音楽会で、学んだのは、音
楽の楽しさでした。ぼくは今、
ピアノを習っています。いつか
ピアノを簡単に、すらすらとひ
けるようになりたいな、と思い
ました。音楽鑑賞教室、最高で
した。



 花小金井小学校 6年
      日渡 麻里奈


 五月十三日の金曜日の五・六
時間目は、音楽鑑賞教室でルネ
こだいらまでバスで行きました。
場所は大ホールでした。国立音
楽大学の人たちの演奏は、すば
らしかったです。チャイコフス
キーの「白鳥の湖」は、知って
いる曲ばかりだったけどオーケ
ストラで聞くと、また ちがっ
た印象になりました。それに、
「ハンガリー舞曲」や、「火の
鳥」など、激しい曲は、とくに
心に残っていていまも覚えてい
ます。




「サウンド・オブ・ミュージッ
ク」では、女の人が前に出てき
て歌ってくれました。オーケス
トラに負けないくらい大きな声
だったです。それになによりも、
指揮者の人が体全体で指揮をし
ているので、激しい曲なんかは、
ものすごく体が動いているし、
静かな曲は、とても小さく指揮
をしていました。それに、チェ
ロやバイオリンも一番前にいた
ので、目立っていました。音が
大きいし、はく力があるのでビ
ックリしました。こういうふう
な機会は、あまり無いと先生が
いってたので聞けてよかったで
す。




  小平第四中学校 2年
       岡田 洋介


 率直に、今日、一番おもしろ
い、と思ったのは、楽器紹介の、
ボディーパーカッションだ。 
こういう音楽鑑賞教室で、ボデ
ィーパーカッションをやってく
れることに、まずおどろいた。
ボディーパーカッションという
ものを見たのは、初めてではな
い。いや、むしろもう何回も見
た。それは、テレビで「マッス
ルミュージカル」を少し見たか
らだ。でも、テレビより実演の
方が、当たり前だが、迫力があ
った。いや、迫力というよりは、







ユニークさ、に富んでいた。
マッスルミュージカルでは、あ
の声は無かった。あれは、あき
らかに笑いをとってる。 
音楽鑑賞教室で、あんなに笑わ
せてもらうとは思ってなかった。
事前学習でも、先生が、「音楽
鑑賞教室のみせどころは、楽器
紹介なんだよ。」
と、言っていたが、確かに、い
ろいろなジャンルの音楽をきか
せてくれた。マリオの音楽、ハ
ウルの動く城のテーマソングな
どなど。本当にいいものをきか
せてもらった、と思った。
 では、今日、一番感動した、
心を動かされた、音楽に言葉な
どいらん!!と思ったのは、プロ
グラム的には最後の「序曲一八
一二年」である。この曲の印象
を一言で表現すると、迫力、だ。
だれがきいても、最後の盛り上
がりには、感動するだろう。
 特に、あの大太鼓の音には、
びっくりすると同時に、あれが
大砲だったら、ものすごい迫力
になるだろう。と思った。でも、
すごいと思ったのは、チャイコ
フスキーの発想である。戦争を
音楽にしてしまおうなんて、だ
れも思いつかない発想だ。
すごい。
 最後になりますが、このたび
は、僕たちのために、音楽を演
奏していただいて、ありがとう
ございました。








◎ 特別支援教育研修会開催
      のお知らせ


 小平市教育委員会では、特別
支援教育への移行に向けて、特
別支援教育についての理解を深
めるとともに、指導力の向上を
図ることを目的として、下記の
内容で市内の全教員を対象とし
た特別支援教育研修会を開催し
ます。

日時 平成17年
     8月25日(木)
午後2時から

場所 ルネこだいら 大ホール

内容 「教科学習につまずきの
   ある子どもに対する支援
   について」(予定)
   講師 白百合女子大学
      発達臨床センター
      秋元 有子 先生


   「医療面から見たつまず
   きのある子どもとその支
   援について」(予定)
   講師 都立梅ヶ丘病院
      院長
      市川 宏伸 先生


 今年度は、保護者、地域の皆
さんも、ご参加いただけます。
参加ご希望の方は、左記担当ま
で事前にご連絡ください。
【担当】 小平市教育委員会
        教育部指導課
電話042(346)9572




 
教育委員会の予算


   


  平成十七年度の教育費の総額
 は、60億3295万7千円で、
 前年度に比べ5億897万7千
 円、約9.2パーセントの増と
 なっています。


 教育総務費
  (4億2032万6千円)

  教育総務費は、教育委員会や
 事務局の運営に要する経費、お
 よび心身障害児就学事業、教育
 指導、心身障害教育推進などの
 事業の経費です。
  本年度は、スクールカウンセ
 ラーを3校から7校にレベルア
 ップして実施するための予算な
 どを計上しています。


 小学校費
  (16億1426万8千円)

  小学校費は、小学校19校の
 施設管理、教育活動、学校運営、
 保健管理などに関する経費です。
 小学校の施設については、2校
 で耐震補強工事を、1校で体育







館改修工事を、1校で校庭芝生化
工事を、5校で体育館の耐震診断
を、2校で耐震補強設計を予定し
ています。また、耐震補強工事の
対象校のうち1校で、増築工事を
行います。
 学校図書の整備については、引
き続き充実を図る経費を計上して
います。


  


 中学校費
  (8億476万4千円)

 中学校費は、中学校8校の施設
管理、教育活動、学校運営、保健
管理などに関する経費です。
 中学校の施設については、2校
で耐震補強工事を予定しています。
 また、外国人英語指導助手、お
よび部活動の補助等に要する経費
なども計上しています。


 社会教育費
  (18億5836万4千円)

 社会教育費は、「社会教育総務
費」「社会教育振興費」「青少年




対策費」「文化財保護費」「公民
館費」「図書館費」によって構成
されています。
 社会教育総務費は、社会教育委
員の運営などに要する経費です。

 社会教育振興費は、PTA活動
や、平櫛田中館の管理運営など、
文化活動の促進事業に要する経費
です。

 青少年対策費は、青少年委員の
運営や、青少年対策地区委員会育
成など、青少年の健全育成に係る
事業に要する経費です。

 文化財保護費は、小平ふるさと
村の管理運営など、文化財の保護
に要する経費です。本年度は、小
平ふるさと村における うどん販
売に要する予算が新たに計上され
ています。

 公民館費は、公民館の運営管理
に要する経費です。

 図書館費は、図書館の運営管理
に要する経費です。本年度は、花
小金井駅北口都市基盤整備事業に
伴う、東部市民センター(花小金
井図書館)移転工事に要する経費
等の予算が計上されています。


   


 
 保健体育費
  (13億3523万5千円)

 保健体育費は、体育施設の管理
運営費、および小・中学校の給食
に要する経費です。
 体育施設については、回数券の
導入、温水プール殺菌液生成装置
の交換、トレーニング室床面改修
工事、市民総合体育館開館20周
年記念事業等に要する予算を計上
しています。







 





 読み聞かせの「打合せ場所」
 などに
  
図書館の「おはなし室」を
  利用しませんか?
 小平市内の図書館には、じゅう
たんが敷いてあるかわいい「おは
なし室」が全館にあります。
 昨年十月から絵本の読み聞かせ
をしているみなさんに、グループ
で利用していただいています。
 「絵本選び」の打合せなどにど
うぞご活用ください。
 また、絵本の読み方や、絵本に
ついてのご質問がありましたら、
各図書館の児童担当にどうぞおた
ずねください。「読み聞かせにむ
く絵本のリスト」もあります。
◎こんなときに…
 小学校・幼稚園などで絵本の読
み聞かせなどを行っているグルー
プの「絵本選び」や「本に関する
打合せ」「読み方の練習」などに。
 ただし、「おはなし室」で行事
はできません。
◎利用について
 「おはなし会」「絵本のへや」
「学習会」「見学」など図書館行
事の予定のない日に、お使いいた
だけます。休館日の利用はできま
せん。
 対 象 小学校、幼稚園などで
     「読み聞かせ」などを
     している2名以上のグ
     ループ
 時 間 @午前10時30分〜
     正午
     (準備・片付け含む)
     A午後1時〜3時
     (準備・片付け含む)
 申込み 利用の1カ月前から
     1週間前までに希望の
     図書館へ
     *利用当日のお申込み
     はなるべくご遠慮くだ
     さい。
 問合せ 小平市中央図書館
 電話042(345)1246