感染症について

学校感染症の取り扱いについて

以下の学校感染症にかかった場合は、学校保健安全法により出席停止と定められています。

第1種
 例 痘瘡、ペスト、鳥インフルエンザ 等
第2種
 インフルエンザ・百日咳・麻しん・風しん・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・
 みずぼうそう・咽頭結膜熱(プール熱)
第3種 溶連菌感染症・マイコプラズマ肺炎・感染性胃腸炎・ウィルス性肝炎 など

学校感染症 第1種・第2種にかかった場合は医師の発行する登校許可書が必要となります。
学校感染症 第3種にかかった場合は、医師より登校の許可があったら、保護者方が記入する
登校確認書が必要となります。