④地層の様子

 目標

 自宅の地下にあるローム層や砂礫層について調べよう。


① ワークシート5をクリックして印刷します。 

質問1 自宅(学校)の地下にあるローム層は、 約      mである 。
質問2 うち表土(黒土)は、約    m、ローム層(赤土)は約     mである 。
質問3 下の図で小平市のおおよその場所に、赤字で×を書き入れてみよう。
質問4 なぜ、小富士(現在の富士山)や箱根火山の東側に多くの土(ローム層)が積もっていのだろうか。
質問5 これらの土(ローム層)は、どのようにしてここにあるのだろうか。

① ワークシート6をクリックして印刷します。

作業1 下の地図を見て、以下の作業を進めていこう。
・おおよその小平の場所に×を入れてみよう。
・現在、多摩川の流れている場所を赤色に塗ってみよう。(地図のとおり)
・等高線の様子から東京(武蔵野)に共通しているのはことは何だろうか。
・砂礫層の礫が丸いのは何故だろうか
・なぜこの様な地形になったのだろうか。その理由を考えよう。
・古多摩川の流れを図中に書き入れてみよう。(→)をたくさん書いてみよう。
・古多摩川のが通った証拠は何を調べればわかりますか。

※上の作業をすべて終わった人はここをクリックしてみよう。