校章・校歌

鈴木小の校章・校歌について

校章

     

周囲には、6つの学年の全児童が手をつないで友情の輪をつくっている姿を表しています。
緑の地色は、「鈴木小学校」の「木」の文字をかたどり、自然と人の調和、平和と希望、新生の気風を表します。
中心には、子どもたちが未来に向かって力強くはばたき、高く、遠く、どこまでも伸びていくであろう姿を小鳥に託して表現しました。
それを暖かく包む白い大きな円は、鈴のような美しい音の広がりをイメージしたものであり、光の輪をかたどったものです。


校歌

■校歌ができるまで■
鈴木小学校の校歌は「作詞者、作曲者」ではなく「鈴木小学校制定」となっています。
昭和52年、職員会で校歌を自作することが決まりました。作詞は、校歌に入れたい言葉を全児童と職員から募集し、たくさん使われている言葉や願いをとり出し、全職員がそれをもとに作詞しました。
作曲は、5・6年生が音楽の授業の中で曲想を考えたものと、職員が作曲したものに専門家の力をかりて仕上げました。
歌詞も曲も、みんなでつくったものなので「鈴木小学校制定」となりました。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

  • 小平市立鈴木小学校

    〒187-0011
    東京都小平市鈴木町1-450
    TEL:042(324)3661
    FAX:042(324)3662
    わかば:042(324)1006
    E-Mail:
    gakkou@18.kodaira.ed.jp