1 教

  (1) 学校の教育目標

      本校の伝統である「協同勤労」と人間尊重の精神を基調とし、社会の変化を踏まえ、
 自主性と創造性に富み、心身共に健康で調和のとれた人間形成を目指す。

      ◎ 考える子     (話をしっかり聞き、確かな判断ができる)

      ○ やさしい子   (仲よく助け合い、協力できる)

      ○ やりぬく子   (根気強く、最後までやりぬくことができる)

      ○ 元気な子     (健康で、仲よく遊ぶことができる)

 

 (2) 学校の教育目標を達成するための基本方針

  @ 児童の「生きる力」を育むために、教育課程、全体計画、指導計画を編成、実施、評
      価、改善し、意図的・計画的に教育活動を展開する。

  A 「確かな学力」の定着のため、考える子を重点目標とし、言語活動を取り入れた児童主体の取組の充実を図る。基礎基本の学力向上のため、漢字・言葉等の習得をめあてとしたモジュールの時間を設定する。継続した短時間学習を効率よく行うことで、さらなる言語能力の向上を目指す。

B「運動の楽しさや喜びを味わう確かな力」を定着させるために、校内研究で体育の研究を進める。体つくり運動や業間体育を工夫し、体育的活動の充実を図ることで体力向上に努め、運動の楽しさや喜びを味わう確かな力を育成する。

  C心身の健やかな成長のために、地域・家庭と連携し、組織的・計画的な心身の健康づくり
      に努めるとともに、学校保健委員会を中心に校医等の専門家と連携した健康教育や食育を
      推進する。また、道徳教育の充実や生活指導を徹底し、規範意識の醸成を図る。

      D「豊かな個性と創造力の伸長」のために、習熟度別少人数指導やティーム・ティーチング等、学習形態・授業形態を工夫し、個に応じたきめ細かな指導の充実を図る。

     E  豊かな人間関係づくりのために、通常の学級と特別支援学級との交流及び共同学習を充実
     させるとともに、福祉体験活動を拡充することを通して人権感覚を醸成し、共生の心を育
     て、人権教育を推進する。

  F 地域を愛する心を育てるために、地域の人材や近隣の関係諸機関との連携を図り、地域の特性を生かした幅広い教育活動を継続的に行う。

   G 学校公開、学校だより、ホームページ等でのきめ細かな情報発信により説明責任を果たす。
   同時に関係者評価を積極的に行い、学校改善に活用する。

  H 緊急時に迅速・的確に対応できる組織体制を整備するとともに、学校、保護者、地域、関係諸機関が連携した一小安全ネットワークを活用して、児童の安全を確保する。

  I 小・中連携教育を推進し、共通プログラムを基軸とした中学校区ごとの取組の精度を高める。